公開日:

防災には『フェーズフリー』なスマート家電を
~いつものモノをもしもの時に~

その他

~ +Style News Letter Vol.10~

半数近くの家庭は防災グッズ準備不足

今シーズンの台風は29個前後発生するという予報がウェザーニューズより発表されました。平年の25.1個よりもやや多い数の発生予報数となったのは、今シーズンは台風発生域の対流活動が平年より活発化するためです。

さらに今年はエルニーニョ現象により台風の勢力も強くなる傾向にあります。


内閣府『防災に関する世論調査』

令和4年12月より作成



台風シーズンになると注目される防災グッズ。様々な店舗で非常用グッズが販売されています。

しかしながら内閣府によるアンケートによると、災害時、停電時に作動する足元灯や懐中電灯などを準備していると回答したのは約56.1%程度と、半数近くは停電に備えた防災グッズを準備していないという回答結果になっています。

台風による停電は暴風の中では復旧作業がままならないこともあるため、停電が長時間にわたり続く可能性もあります。


いつものモノをもしもの時に、フェーズフリーな防災

災害についての対策意識を持ちながらも対策グッズを準備している割合が半分にしか満たないのが防災の難しさです。

防災対策は準備が大変、何を準備したらいいかわからないといった理由があげられます。

この問題に対して、いつも利用しているモノやサービスを、もしものときに役立てることができる『フェーズフリー』という考え方があります。

日常・非日常両方で役立てることで生活のあらゆるシーンを快適にしようという『フェーズフリー』の考え方に注目が集まっています。


一般社団法人フェーズフリー協会より

https://phasefree.or.jp/phasefree.html


フェーズフリーなスマート家電アイテム

スマート家電は便利/効率が重視されているという印象がありますが、中にはフェーズフリーな商品もあります。

今回は+Style商品の中でフェーズフリーなスマート家電アイテムとしてホームランタンをご紹介します。


おしゃれな照明/スマート家電

ホームランタンとして枕元などで活躍するのはもちろん、本体のコンパクトさを活かした間接照明としての利用もできます。

色味・調光の度合いが自由に設定できるので、お部屋の雰囲気に合わせた照明としてご利用できます。

外出先からスマホで操作できるので消し忘れの際やベッドに寝転がっての操作も可能です。


【調光・調色でおしゃれな雰囲気に】

調光と調色が自由自在なので、作りたい雰囲気に合わせた光を作ることができます。


【間接照明として使えるコンパクトボディ】

そのままナイトランプに使う他に、 コンパクトなので観葉植物などの陰から光を添えることでよりおしゃれな空間を演出


【スマホで外出先からの操作】

スマホで操作できるので、消し忘れた時に外出先から操作したり、リモコンを取るのに立ち上がることなく操作したりできます。


【時間による操作で目覚ましに】

時間を基準に明るさを調整することで光目覚ましとして利用する方法も。光で起きることで快適な目覚めで一日を始められます。


非常時には懐中電灯として

日常では照明器具としてに生活をおしゃれで便利に彩り、非常時には懐中電灯や非常灯として活躍します。

充電式なのでドックに置いて使用していれば、乾電池を備えていなかったという心配もありません。

持ち手がついていることで懐中電灯として持ち運びやすいのはもちろん、ひっかけて広範囲を照らすこともできます。


【懐中電灯や非需要電灯に】

持ち手をひっかけることができるので、停電時高いところに吊るせば非常用の電灯としてご利用できます。


【手動操作でスマホを温存】